忍者ブログ

2018-07-07(Sat)

PSP版ユーディーのアトリエ プレイメモ(16)

■ミステリー、ミステリー、ミースーテーリィー(ヴェルン工房)

エンディング後のifルート第3回です。
みんなの交友値を上げている間に、ちょっとした事件が発生しました。
イベントネタバレ満載ですので閲覧注意です!

###

まずは「謎の小箱事件」。
氷室で先日、とても便利な転送箱が見つかりましたが、さらに別の小箱が見つかりました。
なんと、勝手に移動する箱だそうです。オヴァールが場所を動かしても、いつの間にかまた移動しているとのこと。何とも不思議な話です。
中身がなんなのかは調べていないそうです。危険な物かもしれないですし。
(続きは追記にて)

###

ずっとそんな不思議な状態が続いていましたが、ある時、その動く箱の謎が解けました。
氷室にイタチが出入りしていて、例の箱をえさの貯め場所にしていたというわけです。
理由を知ってみればなんと言うことのない話でした。
小動物が出入りできる穴を見つけてふさぎ、イタチは、飼うこともちょっと考えたけれど結局野に放すことにしたそうです。

###

もう一つ、事件が発生しました。
ボーラーが暴漢に襲われて怪我をしたというのです!
プロスタークの武器屋さんが話していましたが、王室御用達の武器を作る刀工ギルドというのがあって、ボーラーは彼らの護衛もしている。今の王家に反対する勢力が刀工ギルドをも敵視しているので、そういう連中にやられたらしいです。

###

一方、噂では、王家を滅ぼす妖刀なんてものがこの世にあるらしいです。それを手に入れた王家の男子を何人も呪い殺してきたという話。怖いですね。
ヴィトスが、妖刀のことは刀工ギルドが知っているだろうと教えてくれます。

###

そのまた一方で、エスメラルダが、怪しい連中に彼女の師匠の居場所を聞かれたと言っていました。
お師匠様は少し前に亡くなっていて、それでエスメラルダも修行していた山を下りてリサに戻ってきていたわけですが。
今頃になって師匠に何の用があるのだろうと不思議がっていました。

###

ボーラーに、妖刀のことを知っているか聞いてみました。
なんでそれを知っているのかと驚かれましたが、話してくれました。
妖刀ファナキストスは見つけ次第溶鉱炉ケルツェに入れて処分するべく刀工ギルドが探しているのだけど、未だ行方知れずだそうです。

###

図書館で妖刀ファナキストスについて聞いてみました。
するとポストさんは、その刀はベッカム侯爵家という貴族が所有しているはずと教えてくれました。
ベッカム家は現王家に反対する勢力の主力らしいです。
でも今ファナキストスを探し回っている人たちがいるということは、それがベッカム家の手の者たちならば、ファナキストスはベッカム家から失われているのかもしれません。

###

プロスタークで、エスメラルダが何人もの戦士に襲われました! しかしひとりで彼らを撃退してしまいました! す、すごい…!
戦士たちは、エスメラルダの師匠ミューレンのことを「裏切り者」と言っていました。
エスメラルダは、師匠は自身の昔のことを何も教えてくれなかったけれど…もしかして…と。
心当たりがあるようで、ユーディーを連れてかつての師匠の庵へ行きます。

###

師匠が住んでいた洞窟には、封印された扉がありました。
そこを開けてみると、一振りの立派な刀剣が保管されていました。
どうやら、ミューレンはかつてベッカム家に仕えていた騎士だったようですが、この妖刀が使われることがあってはいけないと考えて、職を辞してまでして密かにこれを持ち出して隠していたようです。
師匠がエスメラルダに話していた人生訓や「大地の怒りを鎮めよ」という遺言などから考えて、師匠は高潔な人物であったこと、妖刀がいつか処分されることを願っていたことがうかがえます。

###

急いでエスメラルダたちは、妖刀を溶鉱炉へ持って行きます。
ボーラーは発見された妖刀を目の当たりにして驚きますが、これは一刻も早く溶かしてしまわなくてはなりません。
ところが妖刀のあまりの美しさに魅了されかかるボーラー。どうにか彼を説得して、妖刀を溶鉱炉に入れました。
手に取る者を魅了するとは妖刀恐るべし。ミューレンが妖刀を処分するに至らなかったのもひょっとしたらこのせいかもしれません。剣の魅力にあらがいながら誰も触れないよう封印するのが精一杯だったのかも。
なお、妖刀が溶ける時に竜の幻を感じました。あの刀には伝説の竜の力が封印されていたのかもしれません。

###

後日、ベッカム侯爵家が急に没落してしまったという話をヴィトスから聞きます。貸付金を回収できそうにない、とげんなりするヴィトス。
貴族が相手だとなかなか仕事がやりにくいそうですが、あの家なら大丈夫だろうと思ったのに…とぼやいていました。

###

その後、図鑑埋めのために様々な素材集めをして調合したり、エスメラルダとアデルベルトに見送ってもらって帰るイベントを見たりしました。
帰還イベント時のセリフ。
アデルベルト。
僕にとっては不幸に思えるけど…これが正しいんだろう。
エスメラルダ。
助けられたのは私のほうよ。あなたのことは忘れないわ。

###

次回は錬金術の調合の話をします。出しにくい基礎効力の出し方など。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
なかじまゆら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
懐古系あらふぉーゲーマー。
俺屍、グラムナートまでのアトリエシリーズ、オウガバトル(伝説・TO)などが好き。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

忍者カウンター

最新コメント

[09/20 なかじまゆら]
[06/17 なかじまゆら]
[05/31 なかじまゆら]

P R