忍者ブログ

2012-08-18(Sat)

FF9プレイ記録33

ヒルダガルデ3号機を得て、世界を飛び回れるようになったジタンたち。
チョコボのチョコも空を飛ぶまでに進化し、空中庭園や桃源郷を発見する。
また、クイナはビビが育ったクワン洞で、師匠の師匠であるクワンと出会う。
クワンの残留思念はクイナやビビに食の道と生の道について語った…
そしてそれと前後して、クイナはクエールの卒業試験を受け、見事一人前になった。


続きは、追記にて。(ネタバレ有り)


◆イプセンの古城


イプセンの古城は忘れられた大陸北側・断崖の下にある。
建物の上下をひっくり返して置いたような不思議な形の建物だ。


全員古城の前に集まり、さて入ろうかというところで、サラマンダーが俺はひとりで行くと言い出した。
ぞろぞろと大勢でつるんでいるのがやっぱり意味がわからないという。
強い者がひとりでさっさと行動する方が優れているではないか、と。


そういうわけで、俺とおまえたち、どっちが先にこの古城の謎を見つけるか競争だ、
ということで、サラマンダーは離脱する。
みんなは、勝手なことを、と不快そうだが、止めてもムダっぽいので行かせる。


で、パーティ編成。ジタン、ティーナ、クイナ、ビビで出発。
入ってすぐのホールで両脇の宝箱から星宮アクエリアスとダガーを入手。
ん? ダガー? なんで今更こんなもん?


しかし弱い武器が宝箱から出てくるのはちゃんと意味がある。
ホールの奥にメッセージがあり、それが、ここでは武器の攻撃力が逆転することを示している。
試しにダガーを装備して戦ってみると、おお、強い。


ただし攻撃力逆転は「たたかう」時だけ。
たとえばフライヤのジャンプなどはいつもの強い武器の方が強い。魔法も、強い魔法が普通に強いです。
そういうわけでジタンとティーナだけ武器を弱いのに換えておく。
ティーナの武器はエアラケット。ビビは通常運転。クイナは食べる係。


ホールの右奥から小部屋へ。モーグリのクモーレがいるので手紙を渡す。
クモーレによるとモグネット本部はチョコボがいないと行けないところにあるとか。
モグショップには武器は弱いめのを置いてあるが、防具は普通に強いのを置いている。
セーブして先に進む。猫の爪を拾った。
登り棒を伝って下に降りる。


逆さ小部屋。シャンデリアらしきものの上に宝箱があるが行き方がわからない。
今は放っておいて右奥のはしごを上がり、道なりに左奥へ。
そして吹き抜けに来た。
上がって右でブロードソード、さらに上がって進んだ先でジャベリン入手。
戻って降りきってから右へ進み、階段を上がった先を右に進んでロッド入手。
はしごをさらに上がって入るとリフトのある部屋に出た。


リフトに乗ると、いかにも何かありそうな部屋に来た。
そして、サラマンダーが先に来ていた。
大勢でぞろぞろやっているから、さっさと目的地に来られないのだと言う。
そして、これで単独行動の方が優れているのがハッキリした、古城の謎自体は、俺にはわからないし興味もない、と言い放ち、あばよ、と言って去っていく。
ん~、何なんだろうね彼。遅めの思春期か?(笑)


とりあえずこの壁画の間を調べよう。
奥の壁画は世界地図になっていて、鏡が4つはめ込まれている。
大地の鏡、猛火の鏡、水面の鏡、突風の鏡
鏡を外すたびにそれを取り巻いていた緑色の光が消えていく。
全部取って立ち去ろうとした時、ダハーカが現れた!


ダハーカは、ブリザガを使ってくる。冷気属性半減・無効or吸収装備をしたい。
こっちの攻撃はビビのファイガがよく効く。飛んでいるのでバードキラー有効。
例によってジタンが盗んでいる間、ビビはためておく。
 エリクサー、ミスリルクロー、オリハルコンを盗める。
ダハーカは一直線になって物理防御がめっちゃ上がる時があるが、気にせず魔法で攻撃していれば倒せる。


倒れ際に負け惜しみを言いつつ、全てはひとつ、ひとつは全て…と、なにやら意味ありげなことを言うダハーカ。
伏線ありがとうね!(笑)
そしてリフトに乗って1つ前の部屋に戻る。


その部屋には何やら意味ありげな大扉がある。
調べると選択肢が出るので色々やってみる。
跳び蹴りまでしても開かず、どうしたもんかともたれかかると、くるっと回転。回転扉だったというオチでした。
扉を出た先で、バレッタを回収。


来た道を戻ってクモーレのいる小部屋まで戻る。
歩いていると落とし穴が発動した。落ちずには済んだが、びっくり。
ホールに戻ると、奥の壁が開いて先に進めるようになっている。
その先に進むとさっきの小部屋の上層に来た。小部屋のシャンデリアの上にも宝箱がある。


さらに進むと先ほどとは別のリフトがあった。左端の宝箱に、エアラケット
リフトに乗ると、大剣の間というところに出た。宝箱からゴーレムのふえ
光を帯びた大剣のオブジェがあって、棚が4ヶ所、その上に壷が3つある。
この壷を動かしたらなんかなるかなと思って動かしていると、時の流れに逆らえ、みたいなメッセージが出る。
で、逆時計回りに壷を置き換えていくと、大剣の光が突如、壷に集まった。そして、いにしえの香りを入手。
オーディンの魔法の効果が、即死ではなくダメージ技になるアビリティが得られる。


戻ってもう一度小部屋に。
登り棒を登るとシャンデリアの上に乗れるようになり、宝箱から魔道士のつえとフォークを回収。


外に出る。残っていたエーコ、フライヤ、アデルバートが、ジタンたちが先に出てきたからジタンの勝ちだと言う。
あれ? サラマンダーは出てきてないの? 首を横に振る一同。
んー…何やってんだろ。とにかくまだ中にいるんだろうな。
ジタン、ほっとくわけにも行かないので、単身探しに戻る。


いつの間にかホールからさっきの回転扉までの階段が現れているが、上の方にはいないだろうな…
小部屋から落とし穴に引っかかったが、ちょうどシャンデリアの上に落ちた。おとめのいのり入手。
そして逆さ小部屋から出ようとすると、うめき声が聞こえる。


手前のすみっこにサラマンダーが落ちていた。ばつの悪そうなサラマンダー。
何しに来たんだ、と言うので、探しに来たと言ってやると、どうしてだと言う。はいはい。


仲間だから探しにきたんだよ。
おまえがどう思っていようと、オレはおまえも仲間だと思ってるんだ。
一度そう思ったら簡単には考えを変えられない性分なんでね、とジタンが言う。
これにはサラマンダーも根負けしたのか、以降は大人しく同行するようになる。


まあ、ドジ踏んで落とし穴か何かに引っかかって動けなかったサラマンダーだけど、仮にそういうのがなくても、表にいたのは、たまたまだけど、腕の立つ戦士2人に、口では誰にも負けないエーコだもんなあ。
普通に先に外に出て行けても、3人の実力行使(笑)で足止めされていたんじゃないか。


それにしてもジタンの器の広さ。
タンタラスで育ったおかげか、既にプチボス(バクー2世的な意味で)の風格さえ感じる。
タンタラスってはみ出し者を拾って躾けているようなところらしいんで、一度入っても反抗するやつとか結構いたんじゃないかな。
そういうのを見てて、サラマンダーのような態度を取るヤツにも慣れてるってことかも。


ていうか、世間では「なんでいるんかわからんヤツ」「態度がブレブレ」という評判のサラマンダー。
なんだかジタンが年に似合わず大人な分、ややこしい思春期ポジションを割り振られたのがコイツ、みたいな気がしてきた。


サラマンダーを連れて戻る。彼の武器も、外に出るまでは猫の爪にしておく。
入り口で全員合流。
ここで、残ったメンバーへの説明も兼ねて円陣を組んで状況を整理するジタン。


テラへ行く道の封印を解く鍵が、この4枚の鏡。
世界地図のそれぞれの鏡が置いてあった場所に鏡を持っていけば、封印を解くことができると思う。
でもそれは4ヶ所。順番に行くの?
いや、中にいたモンスターが言っていた。「全てはひとつ、ひとつは全て」
全ての封印を一度に解かなければいけない、って意味だろう。
だから、2人ずつ4手に別れて同時に攻略しよう!


次回。ジタンたちは、4つの祠を同時に攻略する。
それぞれガーディアンと戦い、テラへの道の封印を解いた。
そして、いよいよテラへ出発する…

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
なかじまゆら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
懐古系あらふぉーゲーマー。
俺屍、グラムナートまでのアトリエシリーズ、オウガバトル(伝説・TO)などが好き。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忍者カウンター

最新コメント

[09/20 なかじまゆら]
[06/17 なかじまゆら]
[05/31 なかじまゆら]

P R